スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも後悔なんてしないさ、仕方ないから

こんがらがってゆれている
もうすぐかえらなくちゃいけないと思うと、不安とあせりばかりがつのってしまう

10年前の知り合いの素敵なおねえさんになぜかベルリンで再会できてしまったという不思議とか
まちをあるいていて知り合いにでくわす不思議
きのうは、おともだちの同居人のともだちの誕生日パーティ(つまり私はそのひとをしらないのだけど、ドイツの誕生日パーティはこんなかんじでだれてもウエルカム)に来ていて知り合ったひと、つまり、もはや何繋がりかわからないのだけど、という人のジャズライブへ
このまちの時間のながれはとても自由

おひるまは晴れていても、ゆうがたから雨になる
さいきんのベルリンはまいにちそんな天気
日本からもってきていた傘は壊れて捨ててしまったから
あたらしい傘を買おうかどうしようか迷っている
ベルリンの夏は過ぎ
肌寒いくらいの、むしろ夜は寒いくらいの
風はもう秋の気配

ふゆがくる
さみしい

ふだんほとんど使っていないからと、あわててテレビを売り払ってしまったから
オリバーカーンの引退試合を見ることも忘れてしまっていた
チケットがとれたら行きたかった試合なのに
偉大なカーンの引退の年にせっかくドイツにいたというのに

わたしの部屋にひきつづいて住んでくれるひとが決まって、
それがとても素敵なご縁で、
いい人に住んでもらえることになってとてもうれしいのだけど
反面、ここを出て行くというさみしさが

さいきん知り合ったひととかにも、でも9月末で帰るんだ、と言うのも寂しいし
そろそろベルリンにあそびにいきたいな
と最近になってたてつづけにおともだちから連絡がはいったり
9月末に帰るからすれちがうタイミング
はんとしはあっというまでみじかすぎる

やりのこしたことはない?
やりのこしたことだらけみたいで不安になるわ

フットサルなかまのちいさなおともだちからとどいた葉書にうれしくなる
彼女の2倍以上も生きているおねえさんであるわたしに書いてくれたおはがき
彼女がわたしくらいの年になるころには、きっとこんなに迷ったりせずに
すてきなおとなになっていることでしょう
そしてわたしもまけないくらい、彼女のおかあさんにようにすてきなおとなになっていたいなあ

おうちを引き渡すときめてしまっているのに
本とか洋服とか雑貨とか、つかっていなかったものをすこしづつ売り払ったりしているのに
せめてあと2かげつ、ベルリンでくらせるアパートはないかな?
なんて10月から入居できる部屋をさがしはじめてしまう始末
なにその土壇場の悪あがき
まだヨーロッパもぜんぜんまわりきれていないし
8月から夏休みにはいった語学学校ももう通っていないから
ドイツゴも中途半端
あと2ヶ月あれば
あとすこし語学学校にちゃんと通って
ちゃんとタンデムもやって
ブンデスリーガもまだまだ見に行きたい
11月にドイツ代表とイングランド代表の試合をベルリンで見たいし
クリスマスマーケットにもいきたいなあ
それならばせめてあと2かげつ
それならばもういちどアルバイトをはじめて
クリスマスマーケットのはじまるころまで
なにその土壇場の悪あがき

だけど冬物の服はなにも持って来ていない

一方で派遣会社に登録したり
リクナビのスカウトメールを読んだり
かえってからどうしようか、なんて現実的なこともかんがえはじめている

ガスや電気の解約、銀行口座の解約
ひとりぐらしはいろいろとめんどくさくて頭をかかえている

たぶん日本にかえったらすこしひきこもる
緑がたくさんのベルリンの天井の高い広い部屋から
壁がおもちゃで埋もれた、ものが多すぎる東京の小さな部屋へ

日本にかえったらなにがやりたい?
日本食がたべたいとかはそんなにないけどひとつおもいついたのは
しばらくひとりで温泉を旅したい
浴衣着て、おすしとおそばと日本の苦いビールで
また旅に出るの?
現実逃避?
わからない
あと、なにか書きたい
ベルリンですごしてきたことと、ガイドブックには載っていないベルリンの素敵さを記録として

これだけの予算でベルリンでくらそう、と決めていた資金を使い切ってしまったけど
日本での貯金を使い果たしたわけではないので
とどまろうと思えばもうしこし留まることはできるはず
日本でやらなくちゃいけないことなんてない
ビザはまだのこっている
かえらなくちゃいけない理由はないのだけど

初志貫徹
はじめに9月に帰ると決めていたのだから

たぶん帰る

ゆれている

後悔なんて?

ただひとついえるのは
ここにきてよかった
ということ(かえりたくなくなるくらい)
あとすこし残ったとしても、やりのこしたこはもっとふえてくるかもしれない
うしろがみひかれるくらいが、きっとちょうどよいのね

たぶん帰る
スポンサーサイト

ドイツでのいわば非日常を捨てて、現実の日本へ戻るコトへのココロの揺れ。至極もっともですよね。
だって出来るコトならば分かり切った現実を注視などしたくないから。

ただ10月のNRに向けて、kananaちゃんのお帰りをお待ちしています。そしてしばらくは少し自分のバリヤーというか繭の中にいたい気持ちとの折り合いがついたらなら、是非いろんなお話を聞かせて下さいナ。

実はひっそりあのclub djのOB会なんてやってみようかしら?なんて突然思っているのですー。
オトナになり切れない私たちだったけれど、みんなが純粋にどんな今を過ごしているのかしらなんてね。

東京はまだまだ夏の空気が色濃いです。
今夜はずいぶん過ごし易いけれど。

お帰りって言いたいな。
待ってるね。
いられるならばいたいだけいちゃえばいいのさ。
そっちのクリスマスとか冬の凍るような寒さは素敵だよ。
なんてねw

もし帰ってきたら、会ってベルリンの話したいなあ。
私も3か月くらい出かけてくる~~~言って、1年近く帰らなかったクチなのでまぁ、その気持ちはわかるかも~~
やり残したこと、見損ねたものが、気になるなら、
期間を延ばせばいいとおもうし、
ただ、なんとなくなら、その後の人生、ただなんとなくなるだけ~~~
どうするかは、自分次第だと思うよ~~~
どちらを選んでも死ぬわけではないので、より、自分の感性が
呼ぶほうへ従ったらいいんじゃないでしょうか~~
いずみちゃん
ありがとう、わたしもNRのみんなにあえるのを楽しみにしています。ゆっくりいろいろお話したいなあ。
こっちにきて、ここに文をつづることでいろいろ振り返りながら、いずみちゃんとお話できてとてもたのしかったわ
>club djのOB会
楽しそう!ほんとうに、いろいろな生き方をしているひとがいるよね。こちらにいると年齢とか職業とか関係なくてほんとに自由に生きているひとがたくさんいるけど、わたしは日本でちゃんと仕事も家庭もありつつ自分をちゃんと楽しんでいるみんながいちばん素敵だと思うし、そうなりたいなあと思うのです

>萬田さん
冬の凍るような寒さ、も素敵なんだろうなあ
冬の寒さについてはいろんなひとから聞くけど、やっぱり暮らしてみないと体感できないんだろうなと思う
ベルリンでやりたいことを見つけられたら留まったかもしれないわ
いまは、ほんとうにただ毎日ホリデーなので、だからこそ2~3ヶ月延びようが関係ないかもしれないけど、たぶん満足して帰ることにしそう
ベルリンで会えた昔の知り合いの素敵なおねえさん、は晴さんなんです
萬田さんにもベルリンで会いたかったなあ
ベルリン話、ぜひしたいです!

羊さん
3ヶ月出かけてくる~で1年、羊さんはどちらにいらしたのかしら?でもそのくらいのフレキシブルさがちょうどいいのかもしれないわ
感性が呼ぶほうへ、いいことばですね!
帰る前に迷った、というのも自分の感性かも
楽しいときに帰るのがいちばんいいのかしら?とも思ったりー
管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。