スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vielleicht

もしかしたらわたしは、
ドイツゴができないのではなく
そもそもコミュニケーションが苦手なんじゃないか
そっか、そんなことも忘れていたわ

いっしょうけんめい、できるだけドイツゴで話そうとがんばってみるけど
がんばっている時点で、かなりつかれている
だから会話を楽しめていない
一定の緊張の糸がきれたらドイツゴを考えていたほうの脳がもう閉じてしまった
日本語をじょうずに話せるドイツ人と日本語で話すほうがらくちん

ドイツゴを話したい
という意欲がなくなっている時点でもう
ううん、むしろ、話したいという意欲がなくなっている時点でもう
けっこうしんどい
あと三日、おわったらきっと電池が切れたように眠りたい

ドイツゴを話すことができる環境にいるのに、それを避けている時点で
もしかしたらわたしはそもそも
ドイツゴとかそういうことじゃなくて
話をするのがあんまり好きじゃないのかもしれない
コミュニケーションが苦手なんだ
なんだその、そもそもすぎる話
コミュニケーションとるのが苦手で、どうしてそもそもひとりで外国に来たりした?

ディスカッションはほんとうにいろんな話ができて楽しかったのに
それをプレゼンテーションにまとめあげる時点で力つきたのがこころのこり
わたしは企画書を書いてお金をもらっていたプロなはずのに、という、じぶんの中に対する凹み方
もっと、ふくらんだ話をきちんと落としどころつけてめりはりつけて出せたはずなのに
ひとりで資料を作るなら楽だけど、9人はむずかしい
そしてドイツゴがうまくないから余計にむずかしい
そして、若い人たちの機会なのだから、私はしゃしゃり出る必要はないと引いてしまうところもそう
仕事でやっていたころは、内容はなくてもいかに見栄えよくわかりやすく素早く作れるかということだったのに、まとめきる力(人もふくめて)ががんばれなかった、がんばらなかった、のがちょっとこころのこり
それでも、パワーポイントつくる速さとか見栄えの良い資料のつくりかたとか、ドイツ人がそれをずっと感心してくれたので、そっか、私はこれでお金をもらっていたプロだったのだ、ということを思い出した
ベルリンにきて、仕事もない、ドイツゴもできない、ウエイトレスもむいていない、コミュニケーションもうまくない、わたしにはなにがあるんだろうと思っていたけど、ずっとがんばって仕事をしてきたんじゃないか
がんばって仕事をしてきたんだよ
まいにちよるおそくまで、いっしょうけんめい考えてまとめてつくっていたじゃない
まとめたり、パワーポイントをさくさくつくるやりかたは忘れていなくて、
そして、わかりやすい資料にまとめる、とかいう作業はやっぱり好きだった
わたしもちゃんと戦える武器を持っているじゃないかと思い出して、
適材適所というのなら、わたしはやっぱり日本で仕事をするのが適所なんだろうと思った

ベルリンで、やってみたいことがいくつかふえたけど
もうあとすこしで日本に帰らなければならない
だから踏み出せずにそのままになっていることもいくつか
メールを書いたりするのも、ドイツゴだとじつはとっても時間がかかるから
なかなか踏み出せない
というか、めんどくさいと思ってる時点でそもそも


きょうは、のみにいかずに、まっすぐいえにかえってきた
ちょっとはやめに眠りにつきたい
あしたのあさも早いけど
甘えないで、(話すことを)がんばれるかな
いや、がんばらなくちゃできない時点でがんばらなくてもいいんじゃないかな
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。