スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドブルザルツブルグ、リーグ開幕戦を見てきました

宮本さんの日記が更新されていたので、
ああはやく、開幕戦の記事を書き上げてしまっておかなくちゃ、と思いました
(これでザルツ旅行記は最後です。無駄に写真が多いエントリになります)

7月9日、オーストリアブンデスリーガの開幕戦。
ザルツブルグはホームでマッタースブルクというチームを迎えての対戦です。

IMG_2203.jpg

EUROPARKのIKEAでごはんを食べてから、レッドブルアリーナへ。
IMG_2202.jpg
スタジアムまでの道のりにはささやかにサッカーボールをあしらった街灯が

スタジアム全景を撮るのを忘れてしまっていたので、試合後に撮ったやつなので
いきなり夜なんだけど、
試合開始の19時半は、ほんとはヨーロッパではまだまだ明るい時間
IMG_2275.jpg
客席を照らしている水色の照明は、いろんな色に変化して試合中も光ってたよ

IMG_2276.jpg
なぞの巨大サッカー人形(ちょっとこわい)

IMG_2278.jpg
スタジアム前においてあったパネル。
イベントとかやってたのかなー

IMG_2277.jpg
メイン側から見たスタジアム

わたしはこの日はバックスタンド側で見ていました
IMG_2209.jpg
選手の練習がすでにはじまっていたよ
前日にクラブハウスのおねえさんに、「ミヤモトはトップチームの練習に入っている」と聞いていたので、宮本さんは出るのか?ってすっごいドキドキしていたのだけど
練習する選手たちのなかに、どうみても宮本さんが見つけられない…

IMG_2207.jpg
宮本さんか?と思ったらニココバチでした(髪に紐なところと背の高さが遠目で一瞬似てた気がしたけど、宮本さんのほうがたぶん脚とかごつそう)
IMG_2208.jpg
サントスか?と思ったらネリシーという選手でした
(つうかサントスもういないし)

うーん、宮本さんはいないのかー。いないのか?どうして?トップチームの練習に出てるっていったのに?も、もしかしたら練習中にケガとか?うわーなんでいないんだろう?
せめてベンチでも、いっしゅんでも宮本さんの姿が見れたらと思っていたので
ベンチにもはいっていない、ということは予想外のことで、とってもショックでした

きょねんフランクフルトをみにいったときは、(そのときは稲本さんはまだそんなに見掛けなかったけど)高原さんのユニをきてるひとはほんとうにたくさんいて、わたしが日本人だというだけでタカハラ!タカハラ!と声をかけてくれたり、歌を歌って行ったりってそんなかんじだったし、ルマンでも松井さんのユニをきてるひとをたくさん見掛けたんだけど、ザルツでは17番のユニを着ているひとを一人も見掛けることはありませんでした(まあ、試合に出ていないから、しょうがないんだけど…)
ほんとに宮本さんはここにいるのかしら?
不安で切なくなってきてしまった…。

IMG_2239.jpg
スタジアムの上のVIPルーム(おそらく)
もしかしたらこういうとこで試合をご覧になっていらっしゃるのかしら
わたしの6倍ズームじゃなにもわからないわ

そのうちにスタメン発表があり、宮本さんが出ないことは決定的になりました
うーわーショック…!!
宮本さんの出発を見届けるために開幕戦に絶対に来たいと思っていたんだよ
きのうの練習でもトップチームに入っているってきいていたから、
ああ宮本さん、怪我から復帰してちゃんとアピールできてたんだね!て
うれしく思っていたんだよ
ゲンジツはそんなに甘くないのね…。
ベンチにも入らないなんて
ああ、ということは、今の宮本さんはベンチまでもう一歩、というポジションなんだろうな
昨日はスタメンチームと練習試合を組むメンバーとして練習していたのかな
もう一歩なのか
もう一歩かー
もう一歩
ああ、その道のりはどれほど困難なんだろう

現実はとてもきびしいね
若者がいっぱい活躍してるチームにおいては、選手一覧を見ていても77年生まれというのは上から数えたほうが早いくらいのおっさんだ
ベンチにさえいない
宮本ユニを着ているファンも一人も見掛けない
ザルツまできて宮本さんの姿や気配を一目でも確認することもできず
この広大なスタジアムのなかでわたしはひとり呆然と孤独だった

しかしわたしはサッカーを楽しみに来たんだった
宮本さんがたとえ出ていなくてもレッドブルのスタジアムを楽しまなくちゃ
IMG_2212.jpg
ホームのゴール裏。思ったより人は少ない?
ちなみに2階席はEURO用に改修して付け加えられた座席みたいで、普段は使わないみたいです
(だから無駄にガラガラな印象を受ける)
IMG_2214.jpg
ちかづいてみると、こんなかんじ

IMG_2216.jpg
練習する選手たち(スタメン)
IMG_2220.jpg
練習する選手たち(サブ)
IMG_2217.jpg
レッドブルのキャラクターの牛くん
飄々とした表情が素敵です★

そうこうしているうちに試合開始!
選手入場がはじまります
IMG_2223.jpg
選手の出てくるチューブが無駄に光ってショウアップされていたり
IMG_2224.jpg
いちれつにならんでー
レッドブルのホームゲームシャツは白なんだね
IMG_2225.jpg
試合開始のキンチョウ感
IMG_2226.jpg
レッドブル側からは発煙筒!
一方、相手のマッターズブルグのサポは…
IMG_2230.jpg
ちょwこれだけって!
いくら水曜の夜の試合で、ザルツがオーストリーの中ではほぼドイツみたいな僻地にあるからって、ひどすぎる(涙目)
(しかもこの後で増えることはなかった…泣)

さあ、キックオフだよ!
IMG_2227.jpg
EM用に追加された2階席がガラガラなので寂しく見えるけど、それを除けば(あとアウエーチームサポの異常な少なさを除けば)そこそこ入っていたのではないかしら

試合結果は、ご存知のとおり、ザルツが一方的に押しまくる試合展開でした
フリーキック!
IMG_2232.jpg
コーナーキック!
IMG_2240.jpg
PK!
IMG_2243.jpg
やったー
IMG_2246.jpg
よろこぶ選手たち
IMG_2247.jpg
そんなこんなで前半のうちに4-0ですよ、奥さん!
IMG_2249.jpg

ザルツがつよすぎるのか、相手がよわすぎるのか?
とりあえず(サポもふくめて)相手チームは存在感皆無でした…(泣)

レッドブルサポの応援はなかなか素敵でした
モーツアルトの故郷であるザルツのチームらしく、モーツアルトの「アイネクライネナハトムジーク」(ばーかばーかエヘン虫ー、といえばわかりやすいかしら)の応援とか
ゴール裏が先導して、バックスタンドがそれに応える、みたいな掛け合い応援とか
ゴール裏の合図ではじまるスタジアム全体を周回するウエーブとか

ゴール裏だけがアツイサポで、あとはおとなしい、というようなJリーグとちがって
バックスタンドのひとたちも同じくらいアツい
みんな手拍子したり立ち上がったりしてゴールうらにあわせて応援してる
そういうのすてきだよね

だけど想像よりもサポの数もすくなく、規模もちいさめに感じました
町の人みんなが自分の街のチームを生き甲斐にしてサッカーがふつうに生活のなかにあるようなドイツのブンデスリーガとはやっぱり違う
スタジアムの規模もリーグの規模も
オーストリアブンデスリーガも歴史のあるリーグみたいだけど、レッドブルが買収して強くなったザルツの台頭や、ことしのオーストリーでのEURO開催などで、今やっと盛り上がりを見せて行っている進化の過程にあるような印象を受けました
日本がワールドカップを開催してふつうのひとがサッカーに目を向けるようになったように
オーストリーもふつうのひとたちが自分たちの街のチームを生活の一部にしていくひとが増えて行く、そういう過程にある、んだといいなあ

ザルツのゴール裏は応援とってもがんばっていたけど、ダンマクとかゲーフラとかもぜんぜんないし、きっとガンバのゴール裏やJリーグのチームの応援のほうが文化が根付いているかもしれない(という勝手な印象)
Jリーグの応援は、すてきだと思う とあらためて

さて、ハーフタイムには微妙な催し物が
IMG_2252.jpg
ボールのなかにはいって、ゴールまではやくたどりつけるかな?競争
IMG_2253.jpg
参加者は牛くんと記念撮影

そろそろ後半がはじまるよ
IMG_2256.jpg
選手がでてきました
IMG_2257.jpg

後半もかわらずにレッドブルが一方的に試合をすすめます
ときめくのはやっぱりニココバチ!
相手の攻撃はぜんぶカットして、起点になって前線へパスを送る
彼がぜんぶゲームをコントロールしてた!
DFは、相手があまり攻撃できてなかったのもあって、センターバックのふたりを、これが宮本さんのライバルか…と思って見ておこうと思ったけど、あんまり見てなかった
レッドブルの選手は、みんあ足下のコントロールがとっても見ていてさりげなくうまくて、小技とかも繰り出したりしていて、体を入れてのボールの奪い方やキープの仕方がとってもエレガントで素敵!となんとなく思いました
あとはサイドの26番の若者とかも攻撃に出るタイミングがすてきでした(精度がいまいちだったけど)
走り回ってチャンスつくる7番と、ハットトリックきめた21番の若者のポジショニングのよさもすてきなコンビネーション
ふつうに見ていてとってもたのしかったです

選手交代
IMG_2259.jpg
これは何点目か決めて喜んでいるときの様子
なんだけどアウエーゴール裏に人が居なさすぎ
IMG_2260.jpg
試合終了!6-0て!
IMG_2263.jpg
よろこびにわくゴール裏!

オーストリーブンデスリーガでも、ドイツのブンデスリーガと同じように、ホームの得点が入ったときにスタジアムDJと観客のあいだでの掛け合いがあります

DJ:ただいま得点をきめた選手は…マルク!
観客:ヤンコ!
DJ:マルク?
観客:ヤンコ!!
DJ:レッドブル(は今何点?)!
観客:ゼックス(6)!
DJ:マッターズブルクは?
観客:ヌール(0)!
DJ:ダンケ!
観客:ビッテ!

そうそう、おもいっきし「俺ら6点!おまえらゼロ!」というのを叫びまくるという、このやりとりがスタジアムの醍醐味
6点もはいっちゃったから、6回もやっちゃったよ
たのしかったー!
ダンケ!ビッテ!のやりとりがとってもたのしいのです

IMG_2267.jpg
選手がみんなであいさつにきます(なぜか牛まで)
IMG_2268.jpg
みんなうれしそう!

そんなこんなで、宮本さんの姿を見れなかったのはとっても残念だったのだけど、試合自体はとっても楽しかったです

そして宮本さんは、今ベンチ入りすらできていない状況を、納得できてはいないと言っている
それを読んでまだなんだか切なさにきゅっとなってしまいそうでした
この試合、やっぱりスタジアムで見ていたのかしら
ベンチまで、あと1歩
ベンチに入れたとしてもセンターバックはなかなか交代できるポジションじゃない
まだまだ道は厳しい
だけど宮本さんなら、きっと安易に逃げたりしないはず(京都のM本さんのことではない)
あえてそういう環境へ挑戦していったのだから
向上心をもって練習をつづけて必ず試合に出るチャンスをつかんでほしいと思う
それをしんじて
わたしもベルリンでがんばるから
いつか宮本さんが試合に出ているところを見に行けるように

しっかり、かわらず、やっていくよ

ということば
かんたんなようでとってもむずかしいことだけど
応援しています
わたしも、がんばる
がんばれる


きょうはこのまま夜行列車でベルリンまでかえります
IMG_2279.jpg
スタジアムを後にして
バス乗り場に誰も並んでいないので不安になりながらも
中央駅行きのバスにちゃんと乗れました

バスのなかでは、ユニ全体に選手のサインがはいっているような
気合いのはいったサポも乗ってきました
そのひとのユニのサインたちのなかに、見慣れた宮本さんのサインもちゃんと入っていました
練習場で、サイン頼んで、書いてもらったんだね
宮本さんは、ちゃんとこの街に存在して戦いをつづけている
そのひとに、ミヤモトのことをどう思うか、きいてみたかったなあ
わたしにもうすこし勇気があれば

電車の時間まで駅前のバーガーキングでじかんをつぶす
IMG_2280.jpg
店内ではなぜか日本VSキューバの女子バレーをやっていました
しかも日本がリードしてる展開
ひさびさに見る「サロンパス」とか「ひらめ貼り」とかの文字に、これ、世界に配信されてるんだなあ…となんだか不思議な気分になりながら

夜行列車を待つホーム
IMG_2283.jpg
寝台ではなくふつうの列車です
ふつうの座席に横になって眠る
いちおう個室を予約していたんだけど、相部屋は女の子が一人だったからよかった

フランクフルトの近くで見た朝焼け。
ザルツからベルリンはフランクフルト経由で10時間
IMG_2285.jpg

宮本さんには会えなかったけど、ザルツブルグに行けて、ほんとうによかったです
つぎにくるときは、宮本さんがスタメンで試合に出れていますように

スポンサーサイト

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。