スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルグ3日目3 サウンドオブミュージック

文字通りほんとうにおなかいっぱいになったところで、
予約していた人形劇を見に行ってきました

ザルツブルグ・マリオネットシアター
IMG_2157.jpg
きょう見に行くのは「サウンドオブミュージック」だよ
IMG_2158.jpg
か、かわいい!!
写真からしてすでにときめくわー

サウンドオブミュージック、むかしハウスの名作劇場でやっていて
そのときに家族でハマって見ていたことをおもいだしました
そして前日の夜に、泊まっていたユースホステルで毎晩これを上映しているというので
映画をみたばっかりだったので、とっても楽しみ


これがザルツが舞台だったなんてしらなかった
なんて素敵な映画!!
いまみても、マリアのキャラはまっすぐでとっても素敵だし
歌うと幸せになれるって、ほんとに、見ていて幸せになれる映画だった
有名でみんな知ってる歌ばかりなのに、
ああこの歌はサウンドオブミュージックの映画の歌だったんだ!とかしらなかったり
街をまわったあとで映画を見ると余計に、ああこの修道院!いまと同じ!とか
思いながら見れるので、とってもよかったです
ザルツにいく機会がもしもあったら、ぜひこの映画を見てからいくのがおすすめ!
というかわたしも日本にもどったら日本語吹き替えか字幕のあるやつでちゃんと見てみたい
(ユースで流れていたのも、人形劇も、英語版だったので理解できてないとこがあるはず)

でも一方で、こんなストーリーだったんだ!て知らなかったことも多くて
この物語の舞台が、ナチスのオーストリー併合の時期だったということとか
こどものときはぜんぜん意味が分からなかった
映画に登場するベルリンは、ナチの本部、悪者として登場する
わたしがいまこんなに呑気に暮らしているゆるーい街だというのに
ドイツではナチのマークの使用は禁じられている
だけど人形劇では、ばーんとナチのマークがでてきたり、ナチの制服をきた人が出て来たり
これ、ドイツでは絶対上演できないなーと思いました

ドイツとオーストリー、となりどうしの国なのに、戦争の歴史というのはとっても深くて重い
となりの国だし、ことばも同じなのに、ドイツとオーストリーはまったく違う国
オーストリーのひとはドイツをどう思っているのかなあ
じぶんの国の言葉なのに「ドイツ語」というのはどうなのかなあ とか
うまくいえないけど…
しかも戦争があったのは、そう遠くない過去だってこと
ベルリンでくらしていても、戦争の残骸はむき出してそこかしこに残っている
日本もかかわっていた戦争なのに、わたしたちは、過去について知らなさすぎるなあ

それやおいといて、
人形劇!!!
ほんとうにすばらしかった!!
IMG_2171.jpg
すてきな劇場!

おにんぎょうも衣装もセットも音楽もほんとうにすてき
前日に映画版を見ていたから余計に感情移入しちゃった
おにんぎょうなのに、マリアの歌からほんとうに元気をもらった
人形だってことをわすれてしまうくらい!
とちゅうでちょっと泣きそうになったよ(それはストーリーと、あとそれを動かしているひとの人形に対する愛とか)
ほんとうに感動した!

カーテンコールでは、下が鏡張りになって、上でうごかしているひとたちが見えるようになります
IMG_2174.jpg
中の人、ブンダバー★
やー、ほんっとうにすばらしかった!すばらしかったよ!

これ、とっても伝統ある劇場みたい
IMG_2177.jpg
日本にきたこともあるのね!
7歳から70歳まで、ほんとうにそのとおり!

IMG_2175.jpg
ロビーにかざってあった人形たち

人形は表情もかわらないし、人間がむりやり動かして動いているように見せかけるもの
だけど、人間が繊細にうごかして、
そしてきっと愛情をもって人形をうごかすことで、人形に魂がこもったみたいに舞台の上でほんとうに歌っているようにいきいきとした動きをみせるんだよね
わたしが人形劇を愛して止まないのは、そこに中の人の存在が絶対に見えるから

ザルツで人形劇!
とっても思いがけなかったけど、見れてほんとうによかったです★
スポンサーサイト

人形劇すてき~☆
サウンドオブミュージックは個人的に
とっても思い入れのあるものなのです。
中学で毎年クラス対抗合唱コンクールがあって、
中2の時サウンドオブミュージックを歌って優勝したの♪
ら~ら~ららら~(懐)
ちなみに中3はモルダウ川の流れを歌いました。
中欧ばかりな選曲・・渋い。
合唱コンクールってちょうなつかしいね!
サウンドオブミュージック、選曲が素敵★
モルダウもいいねー。
チェコでモルダウ聞いたらなんだか泣きそうになるよ…。
わたしは合唱コンクールといえばピアノ伴奏だったなあ
サウンドオブミュージックみて、合唱ってすてき★とおもいました
みんなでうたうのってたのしいよね
…あ、わたしたちはゴール裏か!
初めまして!
私はザルツブルクからそう遠くないところに住んでいます。
ザルツブルク…古く美しい街ですよね。
(でも、人形劇は、まだ見たこと無いんです…。)

数年前日本から友人が来ることになった時に、彼女が昔からサウンドオブミュージックの大ファンだったというのを聞き、ガイド役をかって出た私としては当然色々調べました。急遽映画の内容を学び、彼女のために、ザルツブルクのSOMツアー(サウンドオブミュージック・ツアー)なるもの(バスツアー)を発見、早速予約して、二人で参加しました。映画の大ファン、というわけではない私にとっても、4時間ほどで回ったのどかな美しい景色の数々は本当に楽しめました。

あの映画では、あっちのほうの、Schafsbergっていう山でも撮影が行われたそうで、別の日にまた行ってそこの登山電車にも乗ったんですが、これは何とも、かわいらしい、と言おうか、ほんと、のどかでとてもいい景色が見られました。Wolfgangseeの船とのセットで料金はかなり高かったけど、行ってよかったです。

オイロパークも時々行くので、あああそこだーと思いながら写真を見せていただきましたよ!あのIKEAでも色んなもの買ってます。

kananaさんのザルツブルク旅行記、見た景色を素直に楽しむ姿勢にこちらもまた感動しながら読みました。どうもありがとう。

ガーネットさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
ザルツのご近所の方に見ていただけたなんてうれしいです。
オイロパーク、近所にあったら私も通ってしまいそうです。イケアもいろいろみてたらふつうに買い物したくなってしまいました…。
こんかいの旅では郊外の様子を見ることができなかったので残念だったのだけど、ザルツブルグはほんとうにきれいな街でとっても好きになりました。サウンドオブミュージックの映画ももういちどちゃんと見たい!こんど行く時は登山電車や船にも挑戦してみたいです♪
管理者にだけ表示を許可する


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。