スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて

このブログは、
筆者が30歳のとき、
漠然と憧れていた「海外でくらしてみたい」という思いをかなえるために
会社をやめて
ワーキングホリデービザをもって
ドイツ・ベルリンで
ひとりぐらしをしながら
ヨーロッパを旅していた
2008年4月から9月までの半年間の記録です。

ドイツに渡る前の不安な気持ちや
のんびりとした暮らし、
サッカーを見にいろいろな国に旅した記録、
ドイツでくらして感じたこと、
そして帰国にむけての心の動き
わたしの半年間のきもちの変化がすべて綴られています。

そして、行ってよかった、ってすごく思っています。
あの半年間は自分にとっていまでもたいせつな宝物です。

日本で暮らしていると、
「これが正しい」という一般的なルールがきちんとあって
たとえば、大学を出て、就職をして、結婚をして、というような
「ふつうはこう」というルール

でも、世界に出てみたら、そんなルールはどうでなもいいことだった
大事なのは、自分がなにを選んで、じぶんの意思でどう生きているかということだ
いきている今の状況は、ほんとうはすべて自分で選んだことで
いきていく上で誰かから課されている「やらなきゃいけないこと」なんてひとつもないんだってこと

いつか海外で暮らしてみたいなっていう
漠然とした思いを持っているひとの
背中を押せるといいな

帰国後のいまは、ドイツとはなにもかんけいなく
また以前とおなじような職種で再就職して
千葉で暮らしています。

でも、「あのとき、やっぱり行けばよかったな」っていう後悔を抱えたくなかった

海外で暮らしてみること
もし、行ってみたいなと思っている人がいたら、ぜひ、行ってみたほうがいいと思う
意味なんて求めなくてもいい
だけど、行ける時に行っておかないと、きっと、やっぱり後悔することになると思うんだ

このブログは自分のために書いていた日記だから
趣味のサッカーのことや個人的な感情がたくさん書かれているけれど

すこしでも、なにかがつたわるとうれしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

明日また旅に出たくなる100の話

「明日また旅に出たくなる100の話」
という本に寄稿させていただきました。

book_.jpg
Amazonで詳細を見る
※indiansummers_bookとして、手持ち在庫を中古品として出品しております。

これは、旅が好きな人たちが旅行記を持ち寄って、一冊の本をつくろう
という「100人100旅」というプロジェクトの有志で出版した本です。
いままでの6冊本を出していて、今回の第7弾で最終巻となるところの
参加者を募集しているところをたまたま知って、
ベルリンで過ごしたこの日々のことを書きたいな、と思い
参加することにしました。

read more »

ベルリン観光案内

帰国して以来放りっぱなしになっていたブログなのですが、
おともだちから「ベルリンに遊びに行きたいんだけど、見所はどこかな?」
と聞かれることがたまにあるので、
わたしなりの見所をちょっとまとめてみようかなと思います。

ベルリン滞在1~2日だとしたら、見て回れるところは限られると思うので
主要な観光名所のうち、おすすめをまとめてみます

ベルリンの構造は、
旧西ベルリンの中心「ZOO」、いまの中央「Hauptbahnhof」、旧東ベルリンの中心「Alexanderplaz」
という3つの中心地をとらえるとわかりやすいかも。

観光は市バスがおすすめ。一日乗車券を買えば乗り放題です。「100」番と「200」番のバスが
主要な観光地をほとんどまわっているので、それにのってZoo⇔Alexanderplatzを往復するといいと
思います。

というわけで、ZooからAlexへむけての方角でおすすめスポットを。
「Zoo」駅はかつての西ベルリンの中央地で栄えていたところ。その名前のとおり動物園があります。
●「カイザーヴィルヘルム教会
戦争で崩壊した教会ですがその隣の教会の青いステンドグラスが超すてきなので、そこも是非。
●オイローパセンターという古くさいショッピングセンターの中には、「ヘルタベルリン」のファンショップもあります。オリンピアシュタディオンで試合を見たい人は、ここでチケットも買えますよ。
●教会の前の広場に、カリーブルストの屋台が出てます。2ユーロくらいで買えます。

100番バスに乗って

●戦勝記念塔
これは下りてもいいし、車窓からながめるだけでもいいかも。
映画の「ベルリン天使の歌」に出てくるのが有名。

「Reichstag/Bundestag」という停留所で下りて、
ブランデンブルグ門
国会議事堂
国会議事堂は、すごく並ぶけど、ガラスドームの上に登れるのでおすすめ。夜のほうがすいてるかもしれないので、昼だめでも夜もういっかい行ってみるといいかも。1時間くらいは登るのに並ぶかもしれないです。
●ここから見える巨大な「ベルリン中央駅」も、広い野原のなかに突如近代的な建物が建っている感じがいいです。


「ウンターデンリンデン」という通りを通って行きます。この通りにはおみやげやさんもたくさんあるし、「マダムタッソー蝋人形館」もあるので興味のあるひとは下りてみてもいいかも。


「Rustgarten」という停留所で下りて
●ベルリン大聖堂
●ペルガモン博物館(博物館島)

博物館がいろいろあつまっているところなので「博物館島」。ここではペルガモン博物館がおもしろいかも。むかしの神殿とかが中で等身大で再現されてて登ったりできます。


「Alexanderplatz」という停留所で下りて
●テレビ塔
●世界時計

80年代の上野みたいな古くさい街にちょっとびっくりするかも。テレビ塔は10ユーロくらいするので、登らなくてもとくにいいかも。登ると、建物のつくりとかが、むかしの東ドイツっぽい雰囲気が味わえるのでそういうのが好きな人はおすすめ。
このあたりでは、カリーブルストの鉄板を背負って歩いてる人とかをみかけます。

その他の観光スポット

地下鉄U2または200番バスで「Potsdamer Platz」
●ポツダム広場。富士山の形のした変なビルとか近代的なビルがたくさんあります。
とくになにがあるというわけでもないのですが、ビルがたくさんある近代的な雰囲気が味わえるのと、
ベルリンの壁の跡地がちょっと残っているのが見られます。
あと道路とかにかつての壁があった場所が示してあるのが見られます。
また、ここの富士山の中にあるドイツ料理屋さんは日本語メニューがあるので、ドイツ料理を食べたいときはわかりやすくていいかも。(ちょっと高め)

ポツダム広場から徒歩で
●フィルハーモニー
演目によっては当日券も買えますよ。

お買い物するなら
●AlexanderplatzからSバーンで一駅の「ハッケシャーマルクト」が若者のおしゃれスポット。よく観光ガイドブックに載ってる「ハッケシェホーフ」というお買い物スポットにある「アンペルマンショップ」はかわいいのでおすすめ。
この近辺にはいろいろな雑貨屋や洋服やさんがあるので、ぶらぶらするのにいいかも。
無印良品とかオニツカタイガーとかもあります。
●雑貨やとかカフェとかなら、アレキサンダープラッツからU2に乗って「エバースバルダーシュトラーセ」という駅で降りた周辺とかがカフェとか雑貨屋とかいろいろあるエリア。ベルリン発のバッグ「タウシェ」のお店とかもこのへんにあります。
その駅付近からU1の「シューンハウザーアレー」という駅まで歩くコースとかもおすすめ。
●日曜なら、その駅付近の「マウアーパーク」というところの蚤の市が巨大でおもしろいのでおすすめです。

●美術館/博物館
いろいろたくさんあるけど、せっかくならちょっと変わったものがよいなら
・ちょっと不便ですが「ユダヤ博物館」が変わっていておすすめです。建物自体もとても近代的でおもしろいし、テーマもドイツならではなので、いろいろと考えさせられます。
ハンブルガーバンホフ美術館
駅を改造した美術館で建物自体おもしろいです。現代美術とかよくやってます。
・バウハウス美術館は小さいけれど、好きなら楽しいかも。
・タヘレスという廃墟を改造した若者のアーティストスポットも興味があれば楽しいかもしれないです。(原宿のデザインフェスタギャラリーみたいなところです)


●ベルリンの壁
ポツダム広場のところにもちょっとあるので、それで充分かと思うのですが、「長い壁」が見たいのであれば、Sバーンの「オストバンホッフ」から「ワルシャワシュトラーセ」にかけて、「イーストサイドギャラリー」とよばれる長い壁が川沿いにつづいているのでそこもおすすめです。「チェックポイントチャーリー」というところにある壁博物館に行くならイーストサイドギャラリーのほうがおもしろいと思います。


書いていて、じぶんが意外とちゃんと観光名所を回れていない(記事にできていない)ことに気づいたわ…。住んでいるほど、意外と忘れてしまうものなのかもしれない…。
ベルリンは、緑の西ベルリンと荒野の東ベルリンの間に無理矢理作った近代的な中央という不思議な構図が不思議なバランスで成り立っている不思議な街。
決しておしゃれで最先端なイメージではなく、ゆるーくてごちゃまぜでなんでもありな街です。
わかりやすい「観光地」ではないけれど、いろんなごちゃまぜ感をたのしんでもらえたらうれしいな。

テーマ : ドイツ - ジャンル : 海外情報

チャンピオンズリーグ第1戦 レアルマドリードvsFC BATE

マドリードに行く日程に、たまたまチャンピオンズリーグの試合があることがわかったので、
せっかくなのでレアルマドリードの試合を見に行ってみることにしました
相手はベラルーシの謎なチームだし、平日開催だし、なによりスタジアムは8万人も収容できる巨大スタジアムだしね、というわけで当日券を狙って見に行ってみることにしたよ
ちなみに母は人生初のサッカー観戦がホームでレアルというちょうレアな体験をすることになりました

これは昼間のサンチャゴ・ベルナベウ・スタジアム
IMG_5469.jpg
スターウォーズに出て来る要塞みたい!
巨大で威圧感たっぷり
さすが金持ちクラブだなあ
IMG_5470.jpg
そしてこれは夜
IMG_5578.jpg
キックオフは8時半

とにかく巨大なスタジアムだった!
IMG_5583.jpg

read more »

マドリッド2日目

マドリッド2日目。
まずはピカソやダリやミロとかの有名な作品がいっぱい収録されている国立ソフィア王妃芸術センターへ。
内部は撮影禁止だったから写真はとれなかったのだけど、
間近で見る作品はとっても迫力があって、とくにピカソの「ゲルニカ」とか
見れてよかったなあ

美術館を見た後は、マヨール広場~プエルタデルソルのいちばんにぎやかな通りでおかいもの
グランビア通りを通って
IMG_5483.jpg
三越もあったよ
IMG_5520.jpg
三越といえば、フランクフルトの三越で水をくんだ思い出があったので、
ここにも水あるかなーと思ったら、やっぱり水があったので、水をいただきました
硬水の国で日本の水が飲めるのはうれしいよね

さて、マヨール広場にきたよ!
IMG_5536.jpg
広い広場にいろんなお店があつまっているよ
IMG_5543.jpg
スペインぽいおみやげやさん
IMG_5544.jpg
まちかどにたたずむスカーレットさん

read more »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。